iRig Acoustic のレビューです

使用頻度が上がってきた「iRig Acoustic Stage」のレビューです。

 

単体でも十分なサウンド(これまでのエレガットサウンドに比べると)ですが、プリアンプやイコライザーをかまして音をブーストさせるとなお生音っぽさそのままの音量レベルアップとなり、バンドの中でガットギターやウクレレで入ってもストレスを感じません!

 

時折、コンデンサマイクの音が恋しくなる気がしないでもないのは事実ですが、これを必要とするような環境下(野外ライブなど)では音色的に十分だと感じます。今後の更なる開発に期待が膨らみます!

iRig Acoustic Stageマイクとピエゾ

 

また、次のような使い方もできます。

 

この写真は野外でウクレレを弾いたときに撮ったものです。ちょっと見にくいですが、サウンドホールにある黒い三角ピック型の物体とブリッジ横にあるピンク色の物体にご注目。黒い三角はiRig規格の特殊なマイクで、ピンクのものはピエゾ・ピックアップです。そうです、2つの入力をミックス出来るんです。

 

コンデンサ・マイクの内蔵されたエレガットのようにあっさりハウリングしてしまうようなことは全くありませんが、それでもボリュームを上げ過ぎるとハウリングの可能性もあるこの特殊マイクなので、ピエゾでそれなりに音を拾っておくと安心感はあります。もちろんマイクとピエゾのバランスを調整できます。