ブログカテゴリ:guitarpotential



09日 3月 2015
自己のバンドであるポリスや、ソロでのボーカルや作曲というイメージが一般的かもしれませんが、ベーシストとしての腕前も素晴らしくジャズやラテンなどを見事に消化して曲や演奏に活かされています。また、ギター(とリュート)も演奏し、クラシックの歌曲をとり上げたアルバムも発表しています。
18日 2月 2015
ジャズ・ピアノの巨匠チック・コリアの最初のバンドでそのキャリアを出発したこの速弾きギタリストは、フラメンコギターの神パコ・デ・ルシアとの共演など様々なアーティストとのコラボレーションで類まれな才能を発揮してきた。ナイロン弦、スチール弦のアコギからエレキまでこなすばかりでなく、ギターシンセを駆使し、クラシックギターからディストーション・サウンドが飛び出すなど!
13日 2月 2015
スペイン、アンダルシア地方に生まれた技巧派ギタリスト。スタイルは古風だが本格フラメンコも出来るクラシック・ギタリストというのはそう多くはないはず。親の代からギター音楽家という血統書付ギタリスト。
02日 2月 2015
現代クラシックギターの巨匠であるこのギタリストはスペイン人ではなくイギリス人でした。ビウェラやリュートも演奏。21世紀に入り引退。数多くの録音は消えることの無い輝きを放っています。
01日 2月 2015
グラミー賞の生涯功労賞などというタイトルまで持つアメリカのギターレジェンド。カントリー・スタイルを土台にジャズやクラシックを独自に消化吸収したソリストです。
20日 1月 2015
オーストラリア生まれのフィンガーピッキングの達人とはこのお方。普通のピックやサムピックも使用するなどピックと指とのハイブリッドな名手。ご覧の通りのエンターテイナーぶりで思わず微笑んでしまうこのギタリストはシドニーオリンピックの開会式でも演奏しています。
15日 1月 2015
ゴルフも達者なこの英国人ギタリストは、セゴビアやブリームの伝統を引き継ぐ正統派とも言えるでしょう。落ち着きある音楽性とスキの無いテクニックで、世界中を駆け巡られています。
14日 1月 2015
クロアチア生まれのクラシカル・ギタリスト。名高い国際コンクールで多数の優勝を誇る実力派。
08日 12月 2014
ナイロン弦の音質と洗練されたフィンガーピッキングの音色にはついうっとりさせられますね。おススメの動画を随時、追加してゆきたいと思います。
10日 11月 2014
フラメンコ発祥の地、スペインはカディス県、へレスの街のヒターノ(ジプシー血筋)で、歴史的フラメンコ・ギタリストと言えばこの方。二世(Diego Del Morao)にもその血が受け継がれています。古さと新しさそれぞれの良い部分が見事に一体となっているギターは、フラメンコ以外のジャンルにもインスピレーションとなるに違いないと思います。

さらに表示する