ブログカテゴリ:ギター動画集

クラシック、フラメンコ、ジャズ、アコギ、その他さまざまなジャンルでギターが使われています。そのギターの持つポテンシャル(可能性)を見て学べたらと思い、動画サイトなどで見つけたわたくしが個人的に気になった動画を順不同で紹介していきます。ギターの奏法的可能性ばかりでなく、ジャンルを超えギター音楽のもつ素晴らしさを探ってみたいと思います。また、一流のギタリストばかりでなくどさくさまぎれにわたくし個人のアレンジもの等を掲載することがありますがご容赦ください(^^;

クラシックギター

フラメンコギター 曲種別

ジャズ・ボサノバ系

アコギ・ソロギター系 その他


Sting スティングのギターが冴える弾き語り動画集 ※リュートを含む

自己のバンドであるポリスや、ソロでのボーカルや作曲というイメージが一般的かもしれませんが、ベーシストとしての腕前も素晴らしくジャズやラテンなどを見事に消化して曲や演奏に活かされています。また、ギター(とリュート)も演奏し、クラシックの歌曲をとり上げたアルバムも発表しています。


続きを読む

Al Di Meola アル・ディ・メオラ動画集

ジャズ・ピアノの巨匠チック・コリアの最初のバンドでそのキャリアを出発したこの速弾きギタリストは、フラメンコギターの神パコ・デ・ルシアとの共演など様々なアーティストとのコラボレーションで類まれな才能を発揮してきた。ナイロン弦、スチール弦のアコギからエレキまでこなすばかりでなく、ギターシンセを駆使し、クラシックギターからディストーション・サウンドが飛び出すなど!


続きを読む

Pepe Romero ぺぺ・ロメロ動画集

スペイン、アンダルシア地方に生まれた技巧派ギタリスト。スタイルは古風だが本格フラメンコも出来るクラシック・ギタリストというのはそう多くはないはず。親の代からギター音楽家という血統書付ギタリスト。


続きを読む

Julian Bream ジュリアン・ブリーム動画集

現代クラシックギターの巨匠であるこのギタリストはスペイン人ではなくイギリス人でした。ビウェラやリュートも演奏。21世紀に入り引退。数多くの録音は消えることの無い輝きを放っています。


続きを読む

Chet Atkins チェット・アトキンス動画集

グラミー賞の生涯功労賞などというタイトルまで持つアメリカのギターレジェンド。カントリー・スタイルを土台にジャズやクラシックを独自に消化吸収したソリストです。


続きを読む

Tommy Emmanuel トミー・エマヌエル動画集

オーストラリア生まれのフィンガーピッキングの達人とはこのお方。普通のピックやサムピックも使用するなどピックと指とのハイブリッドな名手。ご覧の通りのエンターテイナーぶりで思わず微笑んでしまうこのギタリストはシドニーオリンピックの開会式でも演奏しています。


続きを読む 0 コメント

David Russell デビッド・ラッセル動画集

ゴルフも達者なこの英国人ギタリストは、セゴビアやブリームの伝統を引き継ぐ正統派とも言えるでしょう。落ち着きある音楽性とスキの無いテクニックで、世界中を駆け巡られています。


続きを読む 0 コメント

Ana Vidovic アナ・ヴィドヴィク動画集

クロアチア生まれのクラシカル・ギタリスト。名高い国際コンクールで多数の優勝を誇る実力派。


続きを読む 0 コメント

日本とアジアのクラシック・ギタリスト動画集

ナイロン弦の音質と洗練されたフィンガーピッキングの音色にはついうっとりさせられますね。おススメの動画を随時、追加してゆきたいと思います。


続きを読む 0 コメント

Moraito Chico モライート・チコ動画集

フラメンコ発祥の地、スペインはカディス県、へレスの街のヒターノ(ジプシー血筋)で、歴史的フラメンコ・ギタリストと言えばこの方。二世(Diego Del Morao)にもその血が受け継がれています。古さと新しさそれぞれの良い部分が見事に一体となっているギターは、フラメンコ以外のジャンルにもインスピレーションとなるに違いないと思います。


続きを読む 0 コメント

Yamandu Costa ヤマンドゥ・コスタ動画集

ブラジルの7弦ギター奏者で、ブラジル音楽を主軸にジャズやクラシック、様々な音楽を吸収し既に独自のスタイルを確立しています。このギタリストは、クラシックの伝統的なギター奏法に根をおいているをようで、驚きのテクニックの中に潜む美しさに心を打たれるギターサウンドです。


続きを読む 0 コメント

Tomatito トマティート動画集

ジャズギターの巨匠ジョージ・ベンソンや、ラテン・ジャズ・ピアニストのミシェル・カミロとの共演でフラメンコとジャズの接点を拡大したこのギタリストは、偉大なフラメンコ歌手カマロン・デ・ラ・イスラに伴奏者(パコ・デ・ルシアの後継ぎ)として見出された、根の深い生粋ジプシー・フラメンコ・ギタリストです。


続きを読む 0 コメント

Paco de Lucia パコ・デ・ルシア動画集

フラメンコやジャズを聴かれる方やラスゲアード奏法をご自分のスタイルに取り入れたいという方にはあまりにも有名な「フラメンコ・ギターの神」とまで呼ばれたこのギタリスト。ジャンルやスタイルを問わずこれからギターを始めようという方にとっても「ギターってこんなことが出来るのか、こんな音が出せるのか」の見本として一見しておくことをお勧めします。

フラメンコの世界を飛び出したパコ

続きを読む 2 コメント

Diego del Morao ディエゴ・デル・モラオ動画集

現代フラメンコの二大ギタリストのもう一人、生粋ジプシーの血筋で父親は一流ギタリスト、コンテンポラリー・ミュージックの感性も兼ね備えた音楽センス、フラメンコ・アーティスト達からの評価も高い、素晴らしいギタリストです。

続きを読む 0 コメント

Antonio Rey アントニオ・レイ動画集

現代フラメンコ・ギタリスト界の代表、ということでお二人紹介したいと思います。まずはスペインの国レベルのフラメンコ・ギター・コンテストの5大タイトルを総なめにしたこのギタリスト、少年時代には日本にいたこともあり父親と共にプロとして舞踊伴奏の経験を積んでいます。演奏家として素晴らしいだけでなく作曲においてもフラメンコギターの歴史性と個性とが見事にブレンドされていると感じます。


続きを読む 0 コメント

Jake Shimabukuro ジェイク・シマブクロ動画集

ウクレレの革命児として今やジャンルを越えた音楽家として活躍されているこの方。4本弦のギターとも言えるウクレレはギターのちょうど⑤⑥弦を無くしてカポタストを5フレットにはめたものと同じ音になります。6本無くてもソロは可能だということや、音楽における「間」の魅力を喚起してくれる素晴らしいプレイヤーだと思います。


続きを読む

Vicente Amigo ビセンテ・アミーゴ動画集

故パコ・デ・ルシアに次いで、フラメンコギターというと広く一般的にはこのギタリストの名が出てくるのではないでしょうか。ここにはビセンテ・アミーゴの「いいな~」と思った動画を見つけたら随時追加してゆきます。


続きを読む 0 コメント

Nino Josele, Jose Antonio Rodriguez, Chicuelo, Canizares, Dani de Moron and Gerardo Nunez ニーニョ・ホセーレ、ホセ・アントニオ・ロドリゲス、チクエロ、カニサレス、ダニ・デ・モロン、ヘラルド・ヌニョスの動画

ここでは、フラメンコギターをやっている方やフラメンコファンであれば有名な方々なのですが、そうでない方々には知る機会が少ないと思われるギタリストたちを随時アップしてゆきます。


続きを読む 0 コメント

「名探偵コナンのテーマ」をギター1本で

 

先日レッスンで採りあげていた曲「名探偵コナンのメインテーマ」をショートバージョンに微アレンジして撮ってみました。

 

原曲よりは速く、スタイル的にはクラシックというかスパニッシュというか何とも言えない路線ですが、指でソロでジャカジャカと・・・という感じでしょうか(^^)

 


 

シンコペーションを多めにして躍動感を出すと同時に、オリジナルのままメロディを弾くよりも演奏上の流れをスマートにしてみたつもりです。

 

オリジナルはキーがFmですが、Emの開放弦キーに移調してあります。カポタストを使用すれば原曲通りのキーにも容易に調整できます☆

 

あなたならこの曲、どんな弾き方をしますか?

コードストロークだけでも弾きごたえのある16ビートのカッティング、ソロギターにするならまずはメロディラインですが単音だけでも面白みのあるメロディですよね。指弾きの基本とアレンジの為のコードや作曲の基礎知識を身につけていれば、大きく可能性は広がります。あなたの今のスキルと好みに応じて色々な弾き方が出来る曲ではないでしょうか。

 

ICMFguitarstudioからの3つの提案

森充ギター教室ICMFguitastudioトップページ

 

 

続きを読む 0 コメント

話題の映画テーマをギター1本で弾く「アナと雪の女王」編

 

我が家でも家族中でどこからともなく口ずさむ、人気映画の曲「Let It Go」ですが、レッスンでもこの曲をやりたいというお声も多く、どんな曲かなと取り組んでみました。

 

カポ1で原曲と同じキーにして弾いています。曲全体やってみました。

 

松たか子さんの歌う日本語var.を主に参考にしてアレンジしました。


 

 

以下、アレンジ時に気を付けた点をいくつか挙げておきます。

 

 

・メロディラインがボーカルライクになるようにスライドやスラー(ハンマリング、プリング)を多用かつ伴奏音としての低音は要所を押さえて鳴らす

 

・1回目のサビは低音は強調しないように低音を少なくし、2回目のサビでは⑥弦⑤弦の低音を使って伴奏音も増やす、そして3回目最後のサビではメロディを多少省いてジャカソロ化してリズム感を出す

 

・自分にとって印象的だったコードのサウンドは意識的に取り入れた  etc.

 

 

実際、生徒さんのリクエストが増え、アイデアをまとめ上げる時間も録画の時間もそう多くは取れず今回はここまでにしておきました。あなたならもっと素晴らしいアイデアで編曲できるかもしれませんね。自分なりの解釈を持ってぜひアレンジにも挑戦してみてください☆

 

 
続きを読む 0 コメント