FAQ よくある質問

<よく寄せられる質問一覧>

「月3回通うのが難しいのですが・・・」

「押尾コータローみたいなのが出来るようになりますか?」

「指弾きはどのくらいで出来るようになりますか?」

「どんなことをレッスンしているのでしょうか?また、どのくらいで弾けるようになりますか?」

「友達の結婚式で1曲弾きたいと思っているのですが・・・」

「エレキをちゃんと弾くためにはクラシックから始めたほうがいいとよく聞くのですが・・・」

「フラメンコギターを弾いている人を見てやってみたいと思うのですが、難しそう・・・」

「まだ10歳にもならない子供ですが、弾けるようになりますか?」

「家にあるギターが何ギターかよくわかりません。アコースティックギター、クラシックギター、あるいはエレキギター、それからフラメンコ?違いは何ですか?」

「クラシックの経験があります。楽譜はけっこう読めるのですが、コードやリズムがちょっと苦手で、簡単そうなポップスの曲なども、クラシック用に楽譜化されたものでしか弾けません・・・」

「自分で曲を作っています。歌詞はいくつか書けているのですが、メロディや曲づけが思うようにできません・・・」

Q:月3回、いや2回でも定期的に通うのが難しいのですが・・・ 

A:月3回×40分=120、月2回×60分=120というのが基本料金設定となっておりますので、その範囲で月1回だけ120分まとめてレッスンをすることも可能です。また、距離的な問題で頻繁に教室にお越しいただくのが難しい方でも、オンラインレッスンもしくは教室とオンラインのブレンドでレッスンを受けられるケースがございます。メインをオンラインにして3か月に1回だけ自宅教室に来られるというような形です。なお、スケジュールは曜日時間を固定せず、その都度立てるという方法もありますので、御安心ください。

 

Q:押尾コータローみたいなのが出来るようになりますか?

A:なります。まるきりコピーはしませんが、生徒さん御自身が、やりたい曲があって、それをオリジナルなソロギターアレンジとして仕上げるという具合に進めます。例えば、きらきら星を超パーカッシブなストロークソロにするとか。   

 

Q:指弾きはどのくらいで出来るようになりますか? 

A:御希望のスタイルに合せて、初めはピック弾きでのコードストロークから入って数ヵ月後からフィンガースタイルへという場合もありますし、いきなり指弾きで始めて、ストロークもアルペジオも全て指で弾いていく場合もあります。

 

Q:どんなことをレッスンしているのでしょうか?また、どのくらいで弾けるようになりますか? 

A:もちろん生徒さんの御希望やレッスンに来られる目的に応じて異なる点もありますが、1から順を追ってレッスンする場合、基本的にまず初めはリズム、ギターではコードを押えてのリズムの弾き方から入るのが一般的です。課題曲および自由曲を数曲やるなかで、代表的なリズムストロークのパターンをマスターします(3ヶ月~半年程度)。そして次の段階としてメロディの弾き方の基本(3ヶ月~半年程度)、さらに複雑なリズムやアルペジオ奏法(3ヶ月~半年程度)、それ以降は各生徒さんの方向性に合せて進みます。アドリブっぽいことがしたいとか、ソロギターをやりたい、コードや作曲の理論そ学びたい、クラシックやフラメンコなどの特殊な分野を少し深く探求したい・・・とかです。

 

Q:友人の結婚式で1曲弾きたいと思っているのですが・・・ 

A:お任せください。期間とレベル、状況にあわせてレッスンプランを立てましょう。許される時間の中で、全くのビギナーからでも何とか形になるようお手伝いいたします。ある生徒さんは短期7回のチケットレッスンを利用され、御自分の結婚式で奥様に秘密でサプライズ弾き語りを敢行されましたよ(笑)。あとでお二人でわざわざお礼を言いにきてくださったり。

 

Q:エレキをちゃんと弾くためにはクラシック(アコースティック)から始めたほうがいいとよく聞くのですが・・・ 

A:ロック系ギタリストでも、幼い頃にはクラシックギターをしていたというアーティストは後を絶ちませんね。ギターという楽器をマスターしてゆく上で身に付けておくべき、知っておくといいということが、生楽器であるクラシックギターやアコースティックギターでははるかに学びやすいです。また音楽の勉強という観点で、理論などは、クラシックよりもジャズ系のほうがより実践的でいいのですが、その辺りは当教室にお任せください。さらに、フラメンコギターを通して速いリズムや変拍子なども学べれば、日ごろ耳にする音楽に関してはほとんど全てのリズムに対応できる力が身に付くでしょう!

 

Q:テレビでフラメンコギターを弾いている人を見てやってみたいと思ったのですが、とても難しそうで・・・

 A:大丈夫です。当講師も始めたときは、非常に難しいと感じたりしましたが、ふたをあけてみると、自動車の運転みたいなもの(?)で、基礎から順を追って習うと、続けるうちに気が付いたら出来るようになりました(笑)。

 

Q:フラメンコギターを弾きたくて楽譜を見て練習してみたのですが、リズムがよく分かりません・・・

A:コンパスのことですね。フラメンコ舞踊伴奏等経験もある当講師がギターソロと伴奏ギターの違いも踏まえてご指導させて頂いております。フラメンコギターが楽しくなる、基本の基本、コンパスについてももちろんレッスンしてゆきます。

 

Q:家にあるギターが何ギターかよくわかりません。アコースティックギター、クラシックギター、あるいはエレキギター、それからフラメンコ?違いは何ですか?

A:楽器のタイプや主に扱う楽曲が違う程度で、大局的に見れば全て同じ「ギター」です。とりあえずお手元にある楽器で十分始められます。たくさんの生徒さんと接していて感じるのは、それより大事なのは御自分がどんなタイプの音楽がやりたくてギターをするのかだということです。しかしながらギターをやっているうちにやりたいジャンルや志向が変わっていくケースもよく見られます。ですので、当教室としては、初めからジャンルで縛らずに、レッスンを進めてゆく中で、生徒さん御自身が本当にやりたい音楽のジャンルとかタイプを見つけてゆけるように、お手伝いしたいなと思っています。

 

Q:まだ10歳にもならない子供ですが、ギターは弾けますか? 

A:今では様々なサイズの楽器もそろっていますので、例えば小学生になったくらいの年齢からなら十分可能です。

 

Q:クラシックの経験があります。楽譜はけっこう読めるのですが、コードやリズムがちょっと苦手で、簡単そうなポップスの曲なども、クラシック用に楽譜化されたものでしか弾けません・・・ 

A:クラシックギターのみされていたという方でよく出会うのが、ストロークをまともに出来ないというケースです。単音は非常にきれいに出せて楽譜もかなり読めるのですが、それを生かすリズムに関する実践的な知識と経験がほとんどないため、聴いてみると独学で弾き語りから始める人よりも音楽的にぎこちないという場合が少なくありません。当教室は、ナイロン弦ギターで指で弾くストローク奏法なども、詳細にレッスンすることが可能ですので、ぜひ一度足を運んでください。

 

Q:自分で曲を作っています。歌詞はいくつか書けているのですが、メロディや曲づけが思うようにできません・・・ 

A:弾き語りなどポピュラー系の作曲や編曲などの理論もレッスンしています。コード進行やメロディの作り方を分析したり、それを変えたりする方法を実践的に学びながら、曲想をより自分のイメージに近づけ、楽曲としてまとめていけるよう、お手伝いします。

 


生徒の皆様からのお声

・「扱うコースが多様で先生の知識も豊富。ほんとにリズムの勉強になります。今まで楽譜に忠実に演奏することばかり考えてきましたが新しい発見が多いです。」(クラシック系ギタリスト)

・「幅広いジャンルまで扱っていて、教え方が分かりやすいです。」(会社員) 

・「これまで習っていた所が退屈になって来てどうしたらいいんだろうと悩んでいたときに先生に出会って、こちらに来たいと思うようになりました。」(会社員) 

・「ジャンルが多く『コースをこれと決められない』自分にとって良かったです。」(会社員)

・「色々な音楽が詰まっているジュークボックスって感じです。」(会社員) 

・「先生は引き出しをいっぱい持つさらりと素敵なギタリストです。」(主婦)  

・「型にはまってないという印象です。ゆったりと丁寧に教えてくれます。自分のペースに合わせ楽譜まで作ってくれます。」(公務員)  

・「先生の説明は分かりやすくて、雑談(?)もあるので楽しいです。」(学生)

・「自分の知っている曲でレッスンしてもらえるのが良いです!」(中学生)

・「ギターを習い始めて良かった!楽しみが増えました!!」(職員)  

・「奏法を丁寧に教えて頂けるところが良いです。」・「以前通っていた教室では習えない内容まで教えてもらえる。」(主婦)

・「こんな田舎に、こんなギタリストがいたのかと驚きました。」・「色々な演奏のバリエーションの弾き方を丁寧に教えてもらえる」(楽団長)

・「クラシックからアコギ、フラメンコ、ウクレレ、弾き語りまで、ほんとに色んな人(生徒さん)がいて新鮮です。」(サークル代表)

・「ウェブサイトに詳細を公開されているため、安心感がありましたし、大手の島村楽器でも講師をされていことから信頼感がありました。 また、体験レッスンを受けたとき、接しやすい方だと感じました。」(会社員)

・「ギターをやろうと思ったきっかけが押尾コータローを見たためだったのですが、色々な教室のホームページを見ていた中で、この教室のQ&Aには、『押尾コータローのような演奏は出来る様になりますか?』『できます』とあったのでまずは興味を持ちました。 そして体験レッスンを受けてみると、講師が自然体な方で親しみやすかったのと、自分の仕事のこともあり柔軟な時間調整を出来るので助かりました。」(会社員)

・「教室の理念が良いと思った。また講師のバイオグラフィーをホームページで読んで、共感したから。」(会社員)

・「いろいろ教えてくれて面白くて話しやすい。ギターを弾けるようになって嬉しい。」(学生)

・「笑顔が素敵な先生」(会社員)  

・「非常に丁寧に教えてくれて、演奏するとプロ。深いです。」(会社員)  

・「厳しいところは厳しいので良い。」(主婦)

 


習おうか?体験レッスンを申し込もうか?迷われたとき

①以前にも「やってみたいな~。やろうかなどうしようかな?」と悩んだ時期があった方

②なんとか独学で始めたものの、しっくりこないまま1~3年経過している方

③自分ではとりあえずそれなりに弾けている感じだが正直自信がないという方

④とにかくギター!という気持ちなのだが、どんな曲が弾きたいのかどんな音楽がしたいのか分からないという方

⑤「習ったところで自分みたいな人間には上達の可能性はほとんどないだろう」と思ってしまう方

⑥もっと上を目指したい!という気持ちいっぱいで何でも吸収できる準備が出来ている方

 

上記の1つにでもあてはまる方は、少なくとも1年程度はレッスンを受けて損は無いでしょう。その理由は以下の通りです。

 

①以前にも「やってみたいな~。やろうかなどうしようかな?」と悩んだ時期があった方

・・・あなたのその気持は心の声だと思います。やってみることで道が開かれることでしょう!

 

②なんとか独学で始めたものの、しっくりこないまま1~3年経過している方

③自分ではとりあえずそれなりに弾けている感じだが正直自信がないという方

・・・これはレッスンを受けて「出来ている人間」に接しその音を体感することで自ずと解決してゆくでしょう!

 

④とにかくギター!という気持ちなのだが、どんな曲が弾きたいのかどんな音楽がしたいのか分からないという方

・・・当教室の強みの一つがジャンルの枠にとらわれないという点です。いろいろなジャンルやスタイルに触れることになりますから、次第にご自分の嗜好も発見できるようになることでしょう!

 

⑤「習ったところで自分みたいな人間には上達の可能性はほとんどないだろう」と思ってしまう方

・・・これはレッスン以前のことなのですが、とても大切な課題です。誰しもこういう気持ちになる可能性はあります。しかし、人は本来、自分が考えた通りに行動する生き物であると言われています。「私にも出来る、きっと出来るはずだ!」とこのように前向きな目標を掲げると脳ミソが「出来る」ようになるために必要な情報を集め始めるというのです。ご察しのとおりそのまた反対もしかりです(出来ないと思えば出来なくなる言い訳ばかり考えてしまう)。

 

⑥もっと上を目指したい!という気持ちいっぱいで何でも吸収できる準備が出来ている方

・・・様々なジャンル、理論、難易度の高いスパニッシュ奏法まで、当教室では取り扱っております☆

 


お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です

 

お電話またはファックスでのお問い合わせは↓

076-205-5062

石川県白山市東新町35

 

営業時間

9:00~21:00

 

※レッスン中は電話がつながらないことがあります。ご了承ください。

※メールによるお問い合わせは24時間受付いたします。

※お問い合わせなどのメールを頂いた際は原則3日以内にお返事を差し上げております。もし返信メールが届かない場合、「迷惑メール」ボックスに振り分けられている可能性があります。お手数ですがご確認お願いします。

 

※演奏・伴奏をご用命の方は、主なジャンルと演奏する予定についての情報(場所、イベント内容、日程、その他) をお書き下さい。