⇒特に優先順位的にどんなタスクに取り組む必要があるか?:

 

▢講座で扱う教材(楽曲・練習音源・動画・解説文)の作成まずはスタートするために

骨子的部分だけでいい

▢各楽曲に対しては「本番用ソロギター譜と模範演奏およびそこへ至るスキル段階的開発レッスン譜と音源」というコンテンツを制作し続けてゆくことになる

▢問題の一つに著作権問題のクリアーがあるがこれは勉強とコンサルが必要になるだろう

▢新ツール1オンライン決済の習得

▢新ツール2メールマガジンの習得

 

6ヵ月で一通り伝授すると仮定し、1ヵ月の内容をどうするか?

⇒案①:最初の6分の1にする⇒自動的に最大6カ月まで継続請求する(すべてをステップメール等で自動化する)

⇒案②:かいつまんで全貌を提示する「インデックス・コース」目的は自己紹介程度で信頼性を勝ち取ることに主眼

⇒案③:両方のコースを用意する、これがいいみたいだ

 

6ヵ月で紹介しきれる内容を区切り良く分類して、知識と練習の深度と能力や感性がレベルアップできるような教材セットを初級・中級まで2セット~5セット程度を目標に構成する

 

コンテンツの中身を作り、区分を試行錯誤し、インターフェースを試行錯誤し、記事講座を執筆加筆修正し、これらをバランスを保ちながらサイクル化して生産してゆく中で、まとまるようにもっていく、法的課題などをその都度調べ解決してゆく、そんな作業に3ヵ月半年1年を費やし、お試し価格やリアル会員へのモニター提供などで情報収集フィードバックを重ねながら製品化されたサブスク式コンテンツへと完成させてゆく

 

リアル会員の教材としてもそのままUIごと使い、特にリアル会員の場合は自由曲やセッションプレイによる実践的練習、使える小技、課題曲に加筆修正できる、出来を見ながら練習課題を増減、リアル教室のリアルイベントへの参加とそれにより得られる恩恵、など付加価値が大きいという点に触れウェブだけより+テレッスン、テレッスンより+リアルレッスン、というごく当然な価値体系で攻める


ウェブ教室:初級コース

1ヵ月¥1,500:概要を一気に、週に2曲程度の課題で合計7曲分

 ストローク〇曲、メロディ〇曲、コード&セーハ△曲、アルペジオ▢曲

 リズム(基本パターン)講座、ドレミ(ポジション)講座、コード(仕組みと型)講座、アルペジオ(基本パターン)講座、※右左フィンガリング講座、※ソルフェージュ(音符とタブ譜とリズム譜)講座、

 

3ヵ月¥4,000:半分の内容特に重要なポイントに絞る、合計21曲分

ストローク〇曲、メロディ〇曲、コード&セーハ△曲、アルペジオ▢曲、※ソロギター1曲

 

6ヵ月¥7,000:最も詳細な内容、合計43曲分

ストローク〇曲、メロディ〇曲、コード&セーハ△曲、アルペジオ▢曲、※ソロギター2曲


ウェブ教室入会はこちらから

中級コース:1ヵ月:¥3,000


ウェブ教室:中級コース

1ヵ月¥3,000:概要を一気に、週に2曲程度の課題で合計7曲分

 ストローク〇曲、メロディ〇曲、コード&セーハ△曲、アルペジオ▢曲、ソロギター◇曲、アドリブチャレンジ〇曲、特殊奏法▽曲

 初級講座の確認と応用、ジャンル別基礎講座、ソロギター講座、移調ドレミ講座、コード理論講座、スケール理論講座、アドリブアプローチ講座、スラム講座、ラスゲアードとスパニッシュ講座、デイリープラクティス講座、

 

 

6ヵ月継続フル・コンテンツ(月額¥3,000):最も詳細な内容、合計43曲分

ストローク〇曲、メロディ〇曲、コード&セーハ△曲、アルペジオ▢曲、ソロギター◇曲、アドリブチャレンジ〇曲、特殊奏法▽曲